会社設立ならおまかせ情報ナビ >  会社設立 費用 >  会社設立に必要な資本金

スポンサードリンク

会社設立に必要な資本金

今まで会社設立を考える人にとって、1番の問題だったのが『資本金』
の事でしょう。
資本金とは会社の体力なので、これが無ければ会社として成立しないと
言うのがこれまでの現状でした。

つまり、資本金が少ない会社は、いつ倒産してもおかしくないと言う
認識だったのです。
そのような事から、最低でも1、000万円の資金が会社設立の為には
必要と言う最低資本金制度と言うものが設けられていました。

しかし、その最低資本金制度は2006年に新会社法が施行された事で、
完全に廃止されました。
『減額』ではなく『廃止』です。
つまり、誰もが資本金1円でも会社設立を行えるようになったのです。

これはいままでの常識からは考えられない法の改正と言えるでしょう。
誰に対しても平等、均等にチャンスを与えられる、と言う事なのですから。

ただ、会社の基礎体力が資本金と言う認識が根強いのも事実です。
実際、株主が資本金の少ない会社では中々現れないと言うのが
現状です。

資本金が全く必要ないかというと、資本金が実質なしで会社を作れるよう
なったけれども、そうではないと言う事です。

やはりある程度の資本金は、未来を見据え、地に足の着いた経営を
目指すのなら、設立時に用意しておいた方が無難でしょう。

もっとも、冒険心に溢れる若者で資本金を殆ど持たずに会社を興す、
と言う挑戦を無謀だと否定することはありません。
そもそも今回の法改正は、そう言った野心に光を与える為に、
最低資本金制度が廃止されたのですから。

スポンサードリンク

このエントリーをブックマークに追加:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hopegrow.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/644

         

会社設立 費用

関連エントリー

会社設立の資本金はいくらがよいか 会社設立にかかる費用 会社設立に必要な費用 会社設立に必要な資本金


スポンサードリンク