会社設立ならおまかせ情報ナビ >  会社設立 費用 >  会社設立に必要な費用

スポンサードリンク

会社設立に必要な費用

まず最初に不安に思うことが、会社設立を行うにあたって、
『一体どのくらい費用があれば会社設立を行えるのだろう』と
考えられているかと思います。

会社設立を行うには一般的なイメージとして、たくさんの資金が
必要なのでは、と言う固定観念があるかと思います。

実際、会社を設立するには以前は最低資本金制度があり、
資本金として最低1000万円が必要でした。

1000万円と言うと、普通一般人にはかなり大きなハードルです。
とても準備できない、と言う人が多かった事だと思います。

しかし、その状況は2006年に新会社法が制定された事で、
一変しました。
低資本金制度が廃止されたのです。
このことによって、1000万円と言う途方もない金額を用意する
必要は全くなくなりました。

ただ、当然、費用ゼロで会社が作れる訳ではありません。
以下のように会社設立の為に必要な費用が掛かります。

1. 定款・議事録の作成の際に必要な印紙税 40、000円
2. 公証人による定款の認証費用50,000円
3. 登記の際の登録免許税 150,000円~

つまり、わずか費用24万円で会社が作れてしまいます。

一般人にとっても24万円と言う数字は、全く大きな負担では
ありません。
ちょっとアルバイトに精を出せば学生でも、手に入れられる金額です。
つまり、会社は誰でも作れる世の中になったと言う事なのです。

先入観で会社設立など遠い夢だとこれまでは思っていた方は多いと
思います。

しかし、今では誰でも会社設立は決して夢物語ではありません。
明確な目標と誰にでも実現できるです。

スポンサードリンク

このエントリーをブックマークに追加:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hopegrow.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/647

         

会社設立 費用

関連エントリー

会社設立の資本金はいくらがよいか 会社設立にかかる費用 会社設立に必要な費用 会社設立に必要な資本金


スポンサードリンク