会社設立ならおまかせ情報ナビ >  会社設立 >  会社設立に不可欠な印鑑

スポンサードリンク

会社設立に不可欠な印鑑

印鑑は、会社設立を行う上で、とても重要な役割を担う事になります。
なぜならば、すべて印鑑によって社会の中で飛び交う書類の群れは、
統治されているからです。

社会に出て何かをする場合は、契約等すべては書面によって記されな
ければなりません。
そして、必ず印鑑がその書面にはなければならないのです。
例え総理大臣が書いた物であっても印鑑のない書類は、社会的には
意味を持ちません。
印鑑は、ただの紙切れに命を吹き込むのです。

最低限必要な印鑑は、会社設立にあたって会社代表者印です。
いわば会社の実印ですね。

会社は、これがなければ設立することは出来ません。
法務局にこの会社代表者印を登録する事で、会社の印鑑証明書の発行
を行ったり、会社の重要な営業行為に使用したりする事ができます。

会社設立は、最低これだけあれば行えますが、一般的には、
あと二つ用意する事が望ましいですね。

一つは、銀行印と呼ばれる印鑑です。
みなさんご存知の銀行口座を開設する際に使用する印鑑です。

二つ目は角印と呼ばれる印鑑です。
社印とも言われ、社内・外の文章、請求書、領収書等に押印する
印鑑ですね。

必ずしもこの二つは、会社設立に必要というわけではなく、
会社代表者印で間に合わせる事もできますが、普通は別個
用意するのが通例です。

なぜなら、非常に会社代表者印は重要な物だからです。
よく金庫等で保管されているかと思います。
日常の業務で使うのは、紛失する恐れもあり、あまり得策とは
いえないでしょう。

こう言った所で会社設立を行う人間が、アバウトになるのは
いささか危険です。
是非別個用意する事をお勧めします。

スポンサードリンク

このエントリーをブックマークに追加:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hopegrow.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/641

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 会社設立に不可欠な印鑑:

» 「法務局」についてのクチコミブログをピックアップ from クチコミブログをピックアップ
法務局 に関連するブログ記事の検索結果から最新の口コミ情報、オススメ商品を紹介… [詳しくはこちら]

         

会社設立

関連エントリー

会社設立に必要な印鑑と印鑑証明 簡単に会社設立を行える方法 会社設立の代行の案内 会社設立の手順 会社設立に不可欠な印鑑 会社設立の方法


スポンサードリンク