会社設立ならおまかせ情報ナビ >  会社設立 書類 >  会社設立手続きに欠かせない必要書類

スポンサードリンク

会社設立手続きに欠かせない必要書類

会社設立を行うにあたって、まず必要なのが会社設立の手続きです。
何もしないで会社はできませんので、当然ながら自分で手続きを
行う必要があります。

その手続きを『会社を作る』と言うイメージによって、難解なものと
言う認識にしている人が多いのではないでしょうか。
実際、会社設立にその認識の為に二の足を踏んでいる人がいるかと
思います。

実は会社設立の手続きは、それほど難しくはありません。
確かに必要書類やある程度用意しなければならないものなどは
ありますが、いずれも容易に揃える事が可能なものばかりです。

会社設立の際に用意しなければならない必要書類について
説明します。

まず、保管証明書若しくは残高証明書ですが、金融機関への
資本金払い込みの際に発行されます。
現在の会社の資本金を示す為の書類ですね。

そして次に、登記に関する書類です。
株式会社の設立登記に必要なのは、資本金計上証明書、就任承諾書
発起人決定書、設立時代表取締役選任決議書です。

これらを揃えた上で、更に定款、登記申請書、登録免許税納付用台紙、
OCR用申請用紙、代表取締役の印鑑証明書、代表者の印鑑届出書が
必要となります。

殆どは登記に必要な書類ということですね。
国が管理するので、登記と言う行為はやはり多少は必要書類が
多くなってしまいます。

ただ、この量であれば決して多過ぎると言う事は
会社設立を行うための書類としてはないでしょう。
すべて揃えるのに何ヶ月かかる、と言う書類でもありませんので。

スポンサードリンク

このエントリーをブックマークに追加:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hopegrow.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/645

         

会社設立 書類

関連エントリー

会社設立手続きに欠かせない必要書類


スポンサードリンク