会社設立ならおまかせ情報ナビ >  会社設立 費用 >  会社設立の資本金はいくらがよいか

スポンサードリンク

会社設立の資本金はいくらがよいか

今までの会社設立のための資本金の最低額が新会社法ができてから、
変わりました。
改正前までは、有限会社では300万円、株式会社は1,000万円の資本金が
必要でした。

今では、会社設立が資本金1円でも出来るようになりました。
最低資本金が撤廃されたのには理由があります。

少額の資金でも営業が可能になり会社を創業することが可能になり、
インターネットを利用した事業が増えてきたことなどです。

いくらくらいの資本金で会社を設立するのが資本金が1円以上で良い
とはいえ、妥当なのでしょうか?

取引先と契約を交わすことや金融機関に融資を申し込む際、信用を受ける
ことが第一です。
資本金がごくわずかの会社を信用するような土壌ができてなく、まだまだ
ブランド志向の日本社会が現状ではないでしょうか。

資本金は万一、倒産してしまった場合には戻ってこないお金です。
事業を行う熱意と真剣な態度がその金額に現れていて、資本金を
高くしているということになります。

高い額の資本金を設定している会社の方が信用度という点では
評価されるのです。
しかし、法人住民税の均等割が資本金を1,000万円以上にしてしまうと、
高くなってしまいます。

2年間消費税の納税が1,000万円以内ですと、免除されます。
少なすぎず、多すぎず資本金の額は1,000万円以内で、
倒産してしまったとしても痛手にならないくらいの額にしておくのが
妥当ではないでしょうか。

過去に設立された会社の資本金の額で、多いのは、50~300万円の
間の金額です。
設立から6ヶ月くらいまでの運転資金額くらいの会社設立時の資本金が、
妥当なところのようです。

スポンサードリンク

このエントリーをブックマークに追加:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hopegrow.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/621

         

会社設立 費用

関連エントリー

会社設立の資本金はいくらがよいか 会社設立にかかる費用 会社設立に必要な費用 会社設立に必要な資本金


スポンサードリンク