会社設立ならおまかせ情報ナビ >  会社設立 費用 >  会社設立にかかる費用

スポンサードリンク

会社設立にかかる費用

会社設立に資本金が1,000万円必要であるという以前の法律が変更に
なり、新会社法の施行により、株式会社の設立には1円でも
できるようになりました。

しかし、必ず支払わなければならない手数料などが会社設立にはあり、
決して少ない額ではできません。

自分自身で会社設立を行ったとしても、費用がある程度かかります。
公証人役場に支払う分が、定款の収入印紙代の4万円、
定款の認証手数料が52,500円、定款の謄本手数料が1枚×250円が
最低限必要な費用です。

収入印紙代を電子定款にした場合は浮かすことができます。
そして、法務局に支払う登録免許税が15万円です。
残りは資本金になります。

これから金融機関から融資を受けたり、取引先から信用を受ける
ためには、資本金は1円以上という事で設立出来ますが、
それなりの金額にしておいたほうが信用されやすいので、
あまりに少ない資本金にはしないほうが良いでしょう。

資本金の払込保管証明が以前の商法で義務づけられていましたが、
要らなくなりましたので、その分の費用はかかりません。

他に必要な費用は、印鑑作成費が大体20万円ほどです。
そして、印鑑証明書発行に手数料が300円前後、印鑑登録に
100円前後の手数料がかかります。
全てを合わせて大体25~30万円以内ではおさまります。

それなりの報酬とられてしまいますが、設立の手続きや相談などを
行政書士や司法書士などの専門家に依頼すると、会社手続きを
スムーズに進めるには良い方法です。

大体10万円以上を専門家に依頼する費用として考えておきましょう。
かなり安い金額で請け負う専門家の事務所もあるようなので、
いろいろ調べてみるといいと思います。

スポンサードリンク

このエントリーをブックマークに追加:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hopegrow.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/623

         

会社設立 費用

関連エントリー

会社設立の資本金はいくらがよいか 会社設立にかかる費用 会社設立に必要な費用 会社設立に必要な資本金


スポンサードリンク