会社設立ならおまかせ情報ナビ >  会社設立 >  会社設立に必要な印鑑と印鑑証明

スポンサードリンク

会社設立に必要な印鑑と印鑑証明

印鑑は、会社設立の手続きには、必ず必要になります。
印鑑は実印でなければいけません。
市町村役場で実印の印鑑登録を会社設立の手続きに入る前にして
行いましょう。
印鑑登録には、100円前後の手数料がかかります。

会社設立で用意する印鑑は、発起人全員の個人の実印と、
「代表者印」、「銀行印」、「社印(角印)」の3点セットです。

代表社印の規格は、直径16.5~18ミリです。
銀行印の規格は、直径15~16.5ミリです。
社印の規格は、直径18~24ミリです。
ゴム素材や規格外のものは登録できません。
印鑑・ハンコ店で3点セットとして販売されています。

印鑑の素材は「象牙」、「黒水牛」、「つげ(木材)」などが
あります。
象牙が最高級の素材ですので、10万円以上します。
黒水牛は4.5万、つげは1.2万くらいです。
象牙や黒水牛は彫り直しをすることが可能ですが、つげは
できません。

3点セット以外には、会社名・所在地・電話番号・代表者名が入った
会社の住所印を作っておくと、いろいろな場面で使えて便利です。

請求書・納品書・見積書・領収書などを作成する時や、
封筒・案内資料などに使えます。
ゴム印が手頃に作れます。

4点セットとして印鑑・ハンコ店では3点セットと併せて販売している
所もあります。

また、印鑑証明が会社設立の手続きで必要になる場面がありますので
用意しておきましょう。
印鑑証明書の発行には1通300円前後の手数料が必要です。

発起人全員の実印と印鑑証明書が、公証人役場での定款の認証時には
必要です。
法務局での設立登記申請の時には発起人で取締役になる人の実印と
印鑑証明書が必要です。

スポンサードリンク

このエントリーをブックマークに追加:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hopegrow.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/628

         

会社設立

関連エントリー

会社設立に必要な印鑑と印鑑証明 簡単に会社設立を行える方法 会社設立の代行の案内 会社設立の手順 会社設立に不可欠な印鑑 会社設立の方法


スポンサードリンク