会社設立ならおまかせ情報ナビ >  会社設立 届出 >  会社設立の際に届出を行わなければならない機関

スポンサードリンク

会社設立の際に届出を行わなければならない機関

会社設立するにあたって、設立者は「こう言う会社を作ります」と言う
届出を様々な機関にする必要があります。

なぜなら、会社が社会のシステムの中の歯車の一つだからです。
会社は個人で動く訳ではありません。

たとえ従業員が1名の会社でも、取引先があり、その取引先と関係する
会社や企業がある限り、全ての会社はどこかしらの会社と
繋がっているのです。
それが、社会と言うシステムです。

よって、会社を作るからには、それがどういう会社で、どのような
目的で、どう言った展望を描いて設立するのかと言う事を公に
する必要があります。

会社設立の際に届出を行うのは、そう言った理由があるからです。
では、届出を具体的にどのような機関にしなければならないかを
説明したいと思います。

まず、所轄の税務署に法人税、消費税と言った税金に関する届出を
する必要があります。
そして、市町村役場に同じく住民税や事業税などに関しての届出も
及び税事務所に行わなければなりません。

次は、保険に関する届出です。
会社設立を行い、労災保険と雇用保険の適用が、従業員を雇う事に
なれば義務付けられます。

よって、それぞれの管轄である労働基準監督署とハローワークに
届出を行わなくてはなりません。

加えて、社会保険の加入を全ての会社は例外なく義務づけられて
いますので、社会保険事務所への届出も必要となります。

会社設立は、これらの機関へ全て届出を行わなければ、
実行できません。
これは社会のシステムに組み込まれる為の大事な作業なのです。

スポンサードリンク

このエントリーをブックマークに追加:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hopegrow.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/642

         

会社設立 届出

関連エントリー

会社設立の際に届出を行わなければならない機関


スポンサードリンク